撮影申し込み

水の結晶写真撮影方法ご依頼の水の氷結結晶を観察し写真撮影をいたします。
当研究所では、水の氷結結晶写真をもとに、水の素顔を写真から見つめていきたいと思っています。
大半の場合において良い水はきれいな結晶を形成し、結晶化率も高くなります。
良くない水はその逆の結果を示します。
水の氷結結晶写真は、良い水を示す新しい物差しとなるでしょう。

ご不明な点は、電話:03-3863-0216 までお気軽にお問い合わせください。

【価格】
1検体
一般/ 54,000円(税込)+送料実費
国際波動友の会会員/ 43,200円(税込)+送料実費

2検体
一般 54,000円(税込)×2 合計108,000円(税込)
国際波動友の会会員/ 43,200円(税込)×2 + 国際波動友の会年会費12,000円(税込)、合計98,400円(税込)
二検体お申し込みの場合は国際波動友の会会員様にご入会いただいた方が9,600円(税込)お得です。

【ご注意】
・危険物、危険性のある水についての撮影依頼はお受けしておりません。
・送付された水、および容器に関しては基本的に返却致しません。
・水の氷結結晶の写真の著作権は、合同会社OFFICE MASARU EMOTOに既存します。
・水の氷結結晶を広告物、著作、商品などへ商業利用される場合は、有償にてご利用いただけます。
・その商業利用料金の一部は、弊社が行う平和創生事業に活用させていただきます。

結晶撮影方法

写真集に登場する結晶映像は、以下のような手順で撮影を行っています。

結晶撮影の手順検体(水)を凍らせる際の手順
1) 1サンプルあたり50 枚のプラスチック製のシャーレに水をスポイトで0.5ml ずつ滴下します(写真1)。
2) シャーレに蓋をしてフリーザーに収めます。
3) フリーザーは最低冷却温度がマイナス25℃まで下がるもので、3時間かけてサンプルを氷結させます。

結晶撮影の手順
1) 氷結したサンプルを観察する場所は大型冷蔵室(1坪程度)で、室内はマイナス5℃に設定してあります。
2) 観察用顕微鏡は「金属光学顕微鏡(カメラ装置付き)」(写真2)です。
冷凍庫から1 つずつシャーレに載った氷結サンプルを取り出し、顕微鏡の上にセットします。
3) 氷結したサンプルは隆起しており(写真3)、その頂点に顕微鏡から落射される光を当てます(写真4)。
4) 接眼レンズを覗いて結晶を観察し、顕微鏡に設置されたカメラで撮影します。

結晶写真撮影申し込みフォーム

下記フォームからお申し込みください。
後日、スタッフがご連絡いたします。
よろしくお願いします。

会社名
代表者名
担当者名(必須)
郵便番号(必須)
住所(必須)
電話番号(必須)
FAX番号
メールアドレス(必須)
申込者業務内容
検体の種類
検体の数量
撮影目的

同 意 書

貴社における水の氷結結晶撮影は、江本勝の波動的理論に基づくものであり、他の機関における生化学試験、物性試験等とは異なることに同意します。結晶写真の著作権は、貴社に既存する事を認識します。
結晶写真及びデータを商業利用する場合は、著作権使用料が発生する事を認識します。また、事前に承認を受ける事を約束します。
これを遵守しなかった場合並びに貴社の名誉、社会的信用等を毀損した場合は、当方(当社)が法的処置を含めた一切の責任を負います。
それらの裁定は貴社によるものであり、一切の異議申し立ては致しません。