水について考察


水は、生命の源であり、生命活動の基本をなすものです。
これまでその存在が余りにも当たり前に思われてきましたが、今ほど水の重要性が力説される時はないといえます。

河川や海の化学汚染は言うに及ばず、地下水や雨水に至るまで汚染が進行し、生態系を脅かすまでになっています。
今、水を守る事や汚染された水を浄化する技術の重要性はますます高まっています。

かつて水はありふれた単純な物質であると思われていたのに対して、近年においては様々な計測技術の発展にともない、非常に複雑な性質を持ったものである事が分かってきています。

私たちは、もっと深く水の重要性とありがたさを自覚する必要があります。
生命の源であり、摂理を具現化するものとして、水に対して畏敬の念を持つ必要があります。
自分たち自身の姿を映し出すものとして、水からもっと学ぶ必要があります。

1) 蒸留水は老廃物を洗い出す!! ―ブラウン・ランドーン博士の方法から―
2) 水 ― その驚くべき真実 ―ポール・ブラッグ博士とパトリシア・ブラッグ博士の方法から―
3) ほとんどの病気の真の原因は、水不足にある【前編】― バトマンゲリジ博士の著作から―
4) ほとんどの病気の真の原因は、水不足にある【後編】― バトマンゲリジ博士の著作から―
5) 選択肢は明らかです ― アレン・バニック博士の著書から―
6) 蒸留水は危険でしょうか? ―アンドルー・ワイル博士のホームページから―
7) 「水」究極の治療薬 ―スティーブ・マイヤーヴィッツさんの方法から―