第28回国際波動インストラクタースクール in Tokyo


 2005年4月にアメリカ・LAではじめて国際波動インストラクタースクールを開講以来、今回で28回目を数えます。
今までに世界40か国以上、500人以上にも及ぶ国際波動インストラクターが誕生し、それぞれ国で「水からの伝言」と「波動理論」を広める為に活動をされています。
講義は波動のパイオニアたちが直接、波動理論から最新波動技術までを丁寧に伝授いたします。
3日間の講義を終え、国際波動インストラクターの資格を得た方々には、様々な特典が与えられます。
『水からの伝言』を地域で広めたい方、国際的なネットワークを構築されたい方、波動機器オーナーの方、結晶写真をビジネスに活用されたい方、ご自身の知識の探求をしたい方など、多彩な方々に広く門戸を開いておりますので、この機会に是非ご参加ください。

国際波動インストラクター資格者の4大特典
1. 主な結晶写真を含めて、波動技術を説明したパワーポイントスライドが約600点支給されます。
2. インストラクターはそれを自由に使って、各地で色々な講演会を江本勝認定インストラクターという形で開催する事が出来ます。
3. 海外の波動インストラクターとの交流を図り、国際的ネットワークを構築出来ます。
4. インストラクターには国際波動インストラクター認定書とバッジが付与されます。

日程・参加費

【日 程】 2019年10月18日(金)・19日(土)・20日(日)
【会 場】 IHMセミナールーム
【参加費】 国際波動友の会会員 170,000円(税込)  一般 179,800円(税込)
鎌倉ツアー参加費 12,000円

スケジュール

一日目◆10月18日(金)  波動の日

10:00‐10:30 オープニングセレモニー
10:45‐11:45 「波動理論」江本博正
11:55‐13:25 「 波動測定最前線」吉野内聖一郎
13:25‐14:40 ランチタイム
14:40‐16:10 「数霊の法則」吉野内聖一郎
16:20‐17:50 「東洋医学&波動測定」大木義昭
18:00‐18:50 「波動測定体験説明」大木義昭
19:00     懇親会

二日目◆10月19日(土)  水の日

10:00‐11:30 「波動改善プログラム」大木義昭
11:40‐12:25 「水からの伝言」江本博正
12:25‐13:45 ランチタイム
13:45‐15:45 「最新の水の科学」根本泰行
16:00‐18:00 水の結晶撮影体験会
18:00‐18:30 インフォメーション
18:30     懇親会

三日目◆10月20日(日) 祈りの日

9:30‐12:00 「波動陰陽 禅の心」松村宗哲
12:00‐13:15 ランチタイム
13:30‐14:30 「隅田川にて祈りのセレモニー」 板倉リサ
14:45‐16:15 「祈りの力」伊藤てんごく。
16:20‐17:30 「エモト・ピース・プロジェクトの活動」 林美智子
17:30     修了式

四日目◆10月21日(月)鎌倉へのオプショナルツアー 9:30-18:00

講師・出演者

江本博正◆HIROMASA EMOTO
1976年名古屋生まれ。アメリ力の大学を卒業した後に、(株)アイ・エイチ・エム入社。その後、海外事業部、ロサンゼルス支店支店長などを経て2014年、故・江本勝の後を引き継ぎ(株)アイ・エイチ・エム代表取 締役就任。現在、亡き父の遺志を継ぎ、日本並びに世界中へ波動技術、水の結晶写真の教えを広める事をミッションとしてる。

根本泰行根本秦行◆YASUYUKI NEMOTO
1988年に東京大学より細胞分子生物学の分野で理学博士を取得。日本、マイアミ、ホノルルのいくつかの大学 で研究を行った後、2002年1月から故・江本勝会長の元で国際秘書として働き始める。以来13年間に渡り、江本会長の海外講演ツアーに同行し、世界25ケ国以上を訪問。2014年9月~10月には、江本会長の代理としてドイツ・イギリス・イタリア・ブルガリアの4ケ国において、合計13回の講演を行った。ブルガリアでは科学者のための国際水会議に招待され、水の情報記憶に関する世界トップレベルの科学者たちに対して「水からの伝言と科学」というタイトルで基調講演を行った。現在、IHM総合研究所顧問、(同)オフィス・マサル・エモト顧問。2級電磁波測定士。

吉野内聖一郎吉野内聖一郎◆SEIITIRO YOSHINOUCHI
潜在意識リーティンク協会役員。有限会社I.H.M.ドルフィン代表取締役社長。1996年より波動力ウンセラーとして1万人以上のクライアントをカウンセリングする。その中で”数が持つ意味”を探求するようになり、独自の「数霊」理論を発見し、より高度な波動理論を構築する。現在各地でセミナーを展開すると共に、数霊セラピ ストの養成にも力を入れ、日本全国での数雲セラピーサロンを展開中。

大木義昭大木義昭◆YOSHIAKI OOKI
国際波動友の会会員から、IHM-LTC(愛と感謝を世の中に循環する会)を経て、2011年3月(株)IHM入社。企画営業部長を経て、2014年3月IHM取締役副社長に就任。2016年2月、IHM-HADO部門を継承する合同会社IHMスマイル代表就任。HADO KAIZENプログラムを考案して、同講座のメイン講師を務める。HADO KAIZENカウンセラーとして、3000件以上の力ウンセリング実績がある。江本会 長からHADOを学び、トョタ時代に学んだKAIZENを組み合わせたHADOカウンセリング手法は、日本国内に留まらず、海外にも普及が始まっている

林美智子◆MICHIKO HAYASHI
NPO法人エモト・ピース・プロジェクト事務局長。オレゴン州ポートランドのLewis & ClarkCollegeで外国語(スペイン語、フランス語、イタリア語)を専攻し卒業。大学在学中、中米コスタリ力のコスタリカ大学に1年間留学。その間コスタリカの運輸省で日・英・西の通訳を務める。米国大学卒業後帰国し、語学学校で8年間勤務、 出産と同時に退社。2人の息子の母。子育て中にフリーで翻訳および英検対策本を10冊以上出版。2004年3月、江本会長の秘書として波動教育社に入社し、2011年エモト・ピース・プロジェクトをNPO法人として登録して 以来、江本会長と当プロジエクトに尽カを注ぎ、2014年10月より江本会長の後を継ぐ。

松村宗哲松村宗哲◆SOUTETU MATUMURA
1947年愛知県生まれ。拓殖大学卒業後、読売新聞社を経て78年得度、比叡山入山、叡山学院にて修学。1982年より天台宗開創1176年の古刹、普門山吉祥院聖徳寺第37世住職。聖徳太子研究及び仏陀密教止観の実践と観者不動信仰の布教に尽力する。

伊藤てんごく。伊藤てんごく。◆TENGOKU ITOU
株式会社ヘブンライズ・共鳴磁場研究所 代表。国際波動インストラクター。新月・満月のアストラルムーンヒーリング(R)開発者。遠隔波動ヒーリングの専門家として独創的な活動を行う一方、各地でトーク&ライブなどを行なっている。また龍音シンギングボウル(R)演奏家として、出雲大社、鹿島神宮、伊弉諾神宮、高野山金剛峯寺をはじめ全国の神社仏閣での正式奉納演奏を40箇所以上行う。2017年春、著書「聞いて開運!龍の力があなたに宿るCDブック」を全国の書店で発売。2019年には2nd CD「神性への目覚め~神々との邂逅~」をリリースするとともに、アメリカ シャスタ山麓でのグローバルなイベントにゲストスピーカーとして出演するなど海外にも活動の場を拡げている。

板倉リサ◆LISA ITAKURA
ボリウッド(インド映画)主演女優・ダンスアーティスト。大学在学中、ミス日本として首相官邸をはじめ、各国大使館を表敬訪問。翌年ミスアジア日本代表に選出される。ジャニーズミュージカルでデビュー後、宮本亜門演出作品で東宝ミュージカルの女優に。大地真央のコアメンバーとして帝国劇場他に多数出演。映画製作数世界一のインド映画・ボリウッドのヒロインに抜擢され、第6回国際ダンス映像祭入選。祈りのダンスアート「光の舞」を、NY国連本部ハマーショルドオーディトリアム、インド・ムンバイフェスティバル、ダライラマ法王来日講演、出雲大社、伊勢神宮他、世界遺産の多くの寺社で正式奉納。日仏交流160周年の2018年11月、祈りのアート「光の舞」に、フランス・アンクラジュマンピュブリクより、芸術部門では日本人女性初の「社会功労奨励章」コマンドゥール(旧3等・「現」大冠付金章)を受勲。日本の神社では世界初となる仏勲章授与式が執り行われ、同時に社殿にて平成最後の光の舞を正式奉納。第3回江本平和賞。

参加申し込みフォーム

お振込先

振込先:(株)アイ・エイチ・エム
三菱UFJ銀行 浅草橋支店(店番069) 普通口座0719725
または 郵便局 0160-6-13334  ゆうちょ銀行〇一九店 当0013334

◎お申し込み後1週間以内にご入金ください。
●お振込みの際、通信欄にイベント名をご記入ください。●振込み手数料はご負担ください。
●必ずお申し込みされた方のお名前をご記入ください。●キャンセル・返金についてはお問合せください。●天災(台風・地震など)や主催者側の都合によりイベントやスクールが中止になった場合、参加費は全額返還いたします。

参加コース ※必須 国際波動インストラクタースクール鎌倉オプションツアー
参加人数 ※必須
お名前 ※必須
ふりがな
郵便番号 ※必須
ご住所 ※必須
電話番号 ※必須
メールアドレス ※必須
職業 ※必須
区分 ※必須 国際波動友の会会員一般
振込予定日 ※必須  例)2月25日
備考欄

下記の半角英数字をご記入ください
captcha