アイ・エイチ・エムのホームページへようこそ

 お陰様で、2016年でアイ・エイチ・エムは創立30周年を迎えました。創業者の故・江本勝が波動測定器MRAやマイクロクラスター水(波動水)に出会い、研究の結果、波動測定というカウンセリング法を確立し日本中に波動という概念を広めました。
 その後、水を凍らせて結晶写真を撮影する氷結結晶写真技術を考案し、水にはエネルギーや情報を保持し伝える媒体であるということを発見。その結晶写真は『水からの伝言』シリーズにまとめられ世界中に広まりました。
 見えない世界を見える形にした、『水からの伝言』は世界中で称賛をされ、江本勝は世界中で「水」そして「波動」に関する講演ツアーを展開致しました。最近では最先端の水の科学者の研究により、「水の情報記憶」が証明されつつあり、江本勝が「水からの伝言」の中で示唆していた事をサポートする研究も発表されています。
 残念ながら、江本勝は2014年10月に亡くなりましたが、これからもアイ・エイチ・エム並びにアイ・エイチ・エムグループでは江本勝の遺志を継ぎ、「波動技術と水の結晶写真技術を活用して意識、波動、水の重要性を世の中に知ってもらい、人々の幸せに寄与し、平和な地球を実現する」という理念のもと、活動をしてまいります。

IHMからのお知らせ

イベント・セミナー情報

『I.H.M. WORLD』

 (同)オフィス・マサル・エモトから発行している会報誌『I.H.M. WORLD』です。「波動技術」「水の研究」「世界平和活動」を中心に展開。書店で得る事の出来ない波動と水の最新情報満載でお届けしています。

6月号の特集は「スパイラル」です。
渦や螺旋、スピンとも表現出来ます。
自然界を注意深く見ていくと、
あらゆる物質や現象に
渦巻く現象を見る事が出来ます。

宇宙、銀河、惑星、川や海・大気の流れ。
もちろん、人間にもそれはあります。
頭のつむじ、指紋、血流、DNA、原子…。

全ての生命現象にスパイラルがあると言っても
よく、あらゆる物質にスピン現象が存在しているのです。

千賀一生氏の「わの舞」では、皆が一つの大きな円となり、
何も無い中心に軸を成立させ、個から集団の意識への昇華を行います。
それにより創出された統合空間は、遥か古代より続く私たち日本人に深く刻まれた
平和の記憶と真理を呼び起こします。

宇宙・人の本質世界は反転した世界にある。
物理学的にはそこれを4次元空間と呼ぶ。
三次元+時間の世界から時間のない存在の本質空間(持続空間)に
ダイレクトに繋がることは、あらゆる部分で恩恵をもたらす。健やかさもしかり。
ついに半田広宣氏が本質に繋がるツールを開発。
その世界とは、一体いかなるものなのか。 

その神秘さに魅了され、水に親しみ戯れることが、
その豊かさを最大限に引き出す「いのち」を与えることに繋がった。
水の本質を最大限に引き出すために、自然界の現象を見つめ続け
コロンブスの卵的発想から誕生した、浄活水器 4thウォーター。
無表情・無感動の水道水は、川のように曲がり渦巻き、快活で脈動し、
自由自在に遊ぶ、穢れなき本来の状態を取り戻した時に
そこに「いのち」が宿ります。

二元論から一元論へ。分離意識から統合へ。
そして個を超越した空間へ…。
大きな渦、スパイラルの世界に巻き込まれましょう!

>>I.H.M. WORLD 最新号2017年6月号
>>『I.H.M. WORLD』一覧
>>年間購読申し込みはこちら

波動ライフ WEBショッピング

 春、新年度の始まり。ウキウキする季節。
新しい何かがあちらこちらで始まる季節。
新しい「場」を自分の中に創れば、新しい自分が生まれる。
そのためには能動的な「癒し」を求めましょう。
「場」と「癒し」
波動ライフ、この春のメインテーマです。
>>WEBショッピングページはこちら

別冊 I.H.M. WORLD 「第四の水の相」特集号

別冊I.H.M. WORLD 2016年4月2日、3日に、ワシントン大学教授のジェラルド・ポラック博士の講演会を開催させて頂きました。
「第四の水の相」について理解を深めるため、会報誌『I.H.M. WORLD』に掲載した記事をピックアップし再編集しました。
ポラック博士の研究により、水には、氷・水・水蒸気の他に「第四の水の相」という形態があることが分かりました。その第四の水の相の概要について、分かりやすく解説しております。
本書は、ポラック博士からのメッセージの他、サンクトペテルブルグ大学教授コンスタンティン・コロトコフ博士からのメッセージ、各界の第一線で活躍されている方々からのメッセージ、現在も連載中の根本泰行博士の記事をご紹介しております。
>>別冊 I.H.M. WORLD 「第四の水の相」特集号 ご購入はこちら
>>講演会DVDのご購入はこちら
>>講演会・セミナー詳細はこちら

ポラック博士インタビュー